うつ病の発症をチェックで発見しよう、自己判断は禁物

発症する原因

なぜ人はうつ病になってしまうのでしょうか

うつ病が世間において良く認知されるようになったのは昨今のことです。 それによって、よく見られる誤認識があります。 それは「昔はうつ病だといわれる人などいなかった」ということです。 あくまでも、うつ病が「うつ病」として認知されていなかっただけという事実を 拡げて解釈してしまっているのです。 実はうつ病と合致する概念は大昔からずっとあったのです。 長い歴史の中で、うつ病には変わらない見方があります。 「うつ病は、外敵(ストレスなど)から身を守るセーフティの過剰状態である」ということです。 大昔、まだまだ文明が発達する前、人は「戦うか、逃げるか」という選択肢を強いられていた ことがあります。 そのとき、自分の手におえない難敵から身を守るための反応として、 自分の行動力を奪うための脳の指令がなされます。 実は、時代が変わり、ストレスの質が大きく変わった現代でさえも そのメカニズム自体は変わっていないのです。 したがって、特に命に関わるようなことでもないのに 現代人はうつ病発症してしまうのです。

診断基準としては、チェックリストが多く活用されるでしょう

先述の通り、人がうつ病になるメカニズムは全く変わっていないのです。 言い換えると、うつ病の根本的な原因が歴史の中で変わっていったとしても、 うつ病になることで起こりうる体調・心境の変化の内容は時代を超えても変わらないということです。 そのような、時代共通の症状が認められるか否かを見るために、昨今では チェックリストが使われることが多くなりました。 うつという言葉の認知率が高くなった影響で、インターネットなどでも 無料のチェックリストが出回るようになったのです。 ただし、チェックリストだけでうつが認められるかどうかというのは まったく参考にはならないのです。 うつというキーワードだけが先走りしてしまっているため、 チェックリストのような簡易診断がむやみに参考にされてしまうことがあります。 チェックリストは、ほかの病気のものと同じで、 自分の生活や心の有り方を見直すためにあるのです。 便利なネットをうまく活用してチェックリストを有意義な参考資料として利用する動きが 今後求められる自己診断のあり方でしょう。